「内藤わこの藍と古布」展

ただいま草の音では、

「内藤わこの藍と古布」展を開催中です。

 

2017年に亡くなられた、服飾作家であり

「アトリエいふ」のオーナー内藤わこさんの作品の展示と、

長年扱われてきた藍布を中心に、

泥染や更紗、さらに古布など約500点以上を販売致します。

 

草の音,イベント

 

草の音,イベント

 

草の音,イベント

 

草の音,イベント

 

草の音,イベント

 

 

 一針一針縫上げた作品をとおして、わこさんの仕事を感じていただけたら、

そして、作品制作のために集められてきた古今東西、多種多様の布地を

見て、触れて ...、わこさんと一緒に思索の散歩を楽しんでいただけたら幸いです。

 

お時間の許す限り、どうぞごゆっくりご覧ください。

 

 

 

■ 服飾作家 内藤わこ ■

 

1937 東京に生まれる。

   独学で服飾を学ぶ。

   藍布の素朴な風合を生かした優しいデザインが話題を呼び、

   メディアで紹介される。

   「 べにや民藝店」や「ギャラリーかんかん仙川」など 日本各地で個展を開催。

   人形作家、与勇輝さんのアシスタントなども務める。

1988 喜多見(東京都世田谷区)に 藍手工藝「アトリエいふ」をオープン。

 

 

 

手ぬぐい展 開催中

ただいま、草の音3Fギャラリーでは、

「手ぬぐい展」を開催しています。

 

手ぬぐい展,草の音

 

注染という伝統的な技法でつくられた上質な手ぬぐいが、

約150種類集まりました。


今年は「あひろ屋」さんと「にじゆら」さんの手ぬぐいが新たに加わり、

絵柄も、小紋柄や古典柄から、干支や四季のもの、そして花や猫など、豊富にラインナップ。


自分用にはもちろん、贈りものにもいかがですか。


7月23日(月)—8月5日(日)
11:00〜18:00 (木曜日定休)


ぜひ皆さまお誘い合わせのうえ、お出かけください。
ご来店お待ちしております。

 

手ぬぐい展,草の音

 

手ぬぐい展,草の音

 

手ぬぐい展,草の音

 

 

 

企画展 スペシャルランチのご案内

お知らせ でもご案内しております、次回企画展

 

「スツールとトゥガナンのかご展」

 

草の音,企画展


会期中特別企画として、大森まゆみさん(ノッツハウス)と千葉美枝子さんによる
4日間限定 Special Lunch があります。

 

 

A.アドボ(鳥手羽元サワースープ煮込み)ご飯
B.牛肉の醤油煮かけご飯
C.キーマカレー

  *各コース「ベトナム風サラダとぶどう寒天プラムソースかけ」付き。
 

12:00〜13:30 (草の音2Fにて)
1日限定20食、 各 1,300円


6月23日(土) A-10食 B-10食
6月24日(日) B-10食 C-10食
6月30日(土) A-10食 C-10食
7月 1日(日) A-10食 B-10食
(*予約時にどちらのコースかお選びください。)


各回、まだ空席がございます。お誘い合せのうえ、ぜひお出かけ下さい!


ご予約・お問合せは、草の音まで
0265ー76−2411
info@kusano-ne.com

 

 

1