お買い物 更新しました

【お買い物】にて、新入荷の古道具をご紹介しております。

 

京都さくら井屋の、木版手刷りシリーズ第二弾です!

 

 

祝儀袋,古道具祝儀袋,古道具ポチ袋,古道具ポチ袋,古道具ポチ袋,古道具ポチ袋,古道具

 

 

草の音実店舗でもとても人気がある、さくら井屋のポチ袋。

 

一枚一枚丁寧に刷られたポチ袋は
色彩もデザインも素晴らしく、
小さな紙に物語がギュッと詰め込まれて
手にすると思わずため息が出るほど…。

 

 

本来なら、ぜひ手に取って実物をご覧ください!と
言いたいところですが…
画像ではなかなかその素晴らしさを伝えられず
もどかしさを感じます。

 

 

今回は、大きいサイズのご祝儀袋もご紹介しております。

 

 

京都三大祭のご祝儀袋セットは、
雅な葵祭、迫力の祇園祭、華やかな時代祭の様子を
それぞれ6枚の絵つながりで表現した
とても美しいご祝儀袋です。

 

 

さくら井屋が閉店して入手困難となってしまった
とても貴重なご祝儀袋。

 

 

 

飾っておいても素敵ですが、
渡す相手に合わせてデザインを選ぶのも楽しそうですね。

 

 

 

実店舗でも、お求めやすいセットを販売しておりますので
お近くの方はぜひご覧ください☆

 

 

 

 

お買い物 更新しました

【お買い物】にて、新入荷の古道具をご紹介しています。

 

ガラス皿,古道具ガラス皿,古道具ガラス瓶,古道具ガラス瓶,古道具ガラス瓶,古道具文箱,古道具飯かご,古道具

 

 

夏の食卓に涼し気なガラスの器と小さなグラス。

大きさも形も様々な古いガラス瓶たちは、

窓辺に飾ったり、野の花を生けたり。

竹編みの文箱、飯かごは、収納に使っても素敵です。

 

セット売りのガラス瓶は、

バラ売りのお値段より少しお値打ちになっています。

 

色々な使い方で楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

お買い物 更新しました

【お買い物】にて、新入荷の古道具をご紹介しています。

 

さくら井屋さんの、美しいポチ袋です。

 

ポチ袋,古道具

 

 

京都で絵草紙屋として創業したさくら井屋の

木版手刷りの小さなご祝儀袋。

 

さくら井屋は残念ながら閉店してしまいましたが、

一枚一枚丁寧に刷られたポチ袋は

色彩もデザインも素晴らしく、

小さな紙に物語がギュッと詰め込まれて

手にすると思わずため息が出るほど…。

 

 

歌舞伎や浄瑠璃、七福神、京の祭りや祇園の舞妓さん…

テーマに合わせて粋にデザインされ、

今見てもとびきりハイセンスなポチ袋です。

 

各6枚1セット(七福神は7枚セット)

飾っておいても素敵ですが、

渡す相手に合わせてデザインを選ぶのも楽しそうです。

 

 

 

 

 

 

オンラインショップ再開します!

しばらくお休みしておりましたオンラインショップ、

再開いたしました。

 

各画像のリンクまたは【お買い物】からご覧ください。

 

瑠璃釉小皿,古道具白磁なます皿,古道具わっぱ,古道具蕎麦猪口,古道具蓋つき薬瓶,古道具フラスコ,古道具行李,古道具行李,古道具版木,古道具菓子型,古道具

 

他にも、初夏のテーブルにぴったりの爽やかなガラス皿や

毎日お花を飾りたくなる古いガラス瓶など。

愛嬌のある古道具たちと、STAY HOMEを愉しみませんか?

 

 

■ご注文の前にご確認下さい■

 

当店では、通常3〜5営業日以内に発送いたしますが、

現在、一部の地域におきまして配達の遅れが生じる場合がございます。

また、一回のお届けで荷物をお受取り頂けますよう、

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

金継ぎ教室のご案内

金継ぎ,草の音

今年も「工房茶虎」の大曽根俊輔さんを講師にお招きし、金継ぎ教室を開催致します。
黒漆を塗って研ぐことを繰り返し、赤漆を塗って金をまき、磨いて完成させる
日本古来の金継ぎの技術を学ぶ、8回連続講座です。



[期 間]     2019年4月〜 1 1 月
       毎月1回 全8回

[開催日]  第1 水曜日 1 3 : 0 0 〜 3時間程度

[定 員]   8名
       ※定員に達し次第締め切り
       ※最低実施人数7名

[月 謝]   5,000円
       初回に道具・材料費別途10,000円(漆、筆、金粉、ゴム手袋など)

・受講者のご都合が合わず参加できない回は松本の工房にて振替受講していただきます。

 振替受講も難しい場合は、5,000円で代行作業させていただきます。
・継ぐ器は1〜3個程度、割れは3パーツくらいまでのものとします。
・複数個お持ちの方は初回にこちらで選ばせていただきます。
・ガラスは継げません。
・天然の漆を使用しかぶれる可能性がありますので長袖の服、

 アームカバーなどをして作業してください。
・かぶれた際の責任は負いかねますのでご了承ください。


◇ 講 師 工房茶虎 大曽根俊輔 ◇ 

 武蔵野美術大学工芸科で木工を学ぶ
 東京芸術大学大学院修士課程で文化財保存学を学ぶ
 卒業後は京都市で11年間、仏像の修復に携わる
 2015年に松本に移住し「工房茶虎」を開く

 

金継ぎ,草の音金継ぎ,草の音

お申込み・お問い合わせは、草の音スタッフまで。
0265-76-2411
info@kusano-ne.com